口腔ケアでわたしたちの生活をより健康に高める方法

口腔ケアの基本

口腔ケアは毎日、毎食後に繰り返すし、効率よく確実に行う必要があります。

 

口腔ケアは、虫歯や歯周病予防、口臭の予防、味覚の改善、唾液分泌促進などの目的があります。

 

主に、
身体機能の低下に加え、
摂食・嚥下障害などの口腔機能の低下が見られている人に必要です。

 

自分自身で毎日行うセルフケアと歯科医師や歯科衛生士による口腔清掃についてのアドバイスなどのプロフェッショナルケアの両方が基本となります。

 

セルフケアでは、
適切な歯ブラシや歯間清掃用具を選び、
すみずみまで清掃することや虫歯を引き起こす甘味食品の量に気をつけ、
栄養バランスのとれた食事をよく噛んで食べることです。

 

歯磨きを行う際には、
鉛筆を持つように歯ブラシを持ち、
歯の汚れの残りやすい部分を丁寧に磨いていきます。

 

歯ブラシは優しくあて、揺らすように動かします。

 

一度に付き1本から2本ずつ磨いていきます。

 

歯磨きは、上の歯から磨いていきます。

 

歯並びがデコボコしている部分は、
歯ブラシを縦にして1本ずつ磨いていきます。

 

上の前歯の内側も歯ブラシを縦にして、
歯ブラシの先端部の毛先を使って行きます。

 

前歯の外側は歯ブラシを横にして歯並びに合わせるように磨いていきます。

 

奥歯の一番後ろも忘れないように、
歯ブラシの先端の毛先を当てるように磨いていきます。

 

奥歯の内側は、
口を大きく開け、ななめに歯ブラシをいれます。

 

歯磨き剤にはフッ化物入り歯磨きを使用することで虫歯予防につなげることができます。

 

要介護者の場合は、
介護職や看護職の人によるケアも大切になります。

 

身体を起こすことができない時や水を口に含めない時、
歯ブラシが歯肉を傷つける時などは、口腔清拭を行います。

 

指にガーゼを巻いたり、
スポンジやブラシを緑茶や白湯で湿らせたもので、
歯や歯肉、頬の内側、舌の下まで口腔内を潤しながら、
食べ物の残りカスなどを拭き取っていきます。

 

義歯がある場合には、
熱や摩擦、乾燥、衝撃に弱いことから注意点があります。

 

義歯は、
流水であらい、目に見える汚れは専用のブラシを使ってケアします。

 

目に見えない汚れは、
洗浄剤を使って除菌します。
総義歯の場合は、

 

上顎の後ろのフチや内側の歯茎の粘膜に付ける部分などに汚れがつきやすいです。

 

義歯を外した後の口腔内は、うがいをしたり、
柔らかい歯ブラシを使って洗うようにします。

 

部分義歯の場合は、
かけ金部分やかけ金をかけている部分を丁寧に磨いていきます。

 

自分で磨けない人の口腔ケアでは、
相手の習慣を尊重しつつできることは自分でしてもらい、
疲れない範囲で行うことがポイントです。

 

介助の程度に合わせて、
ケア方法も変わっていきます。

 

声掛けや見守りが必要な人であれば、
洗面所の場所や歯ブラシの使い方を教えたり、
一緒に歯磨きを行うことで口腔ケアに誘いやすくなります。

 

仕上げ磨きが必要であれば、
介助的ブラシや子供用ブラシを使って磨いてきます。

 

すべて介助で歯磨きが必要な場合には、
できるだけ座った状態で歯磨きを行うことになります。

 

座ることができない場合でも、
30度は身体を起こして歯磨きを行うようにします。

 

頭は固定し、
顎を上げないように気をつけます。
唾液を肺へと吸い込まないように注意し、
吸引器がある場合には、
吸引しながら行うことになります。

 

セルフケアと合わせて、
定期的に歯科検診を受けます。

 

プロフェッショナルケアでは、
歯科医師や歯科衛生士に専門的にケアしてもらいます。

 

虫歯や歯周病の状況を診察し、
口腔内の状況や全身状態に合わせて適切なケア方法についてのアドバイスや日常的にはケアできない部位の専門的なケア、
フッ化物洗口などの予防に関するものについての紹介や正しい使い方の指導などを受けることができます。

 

口腔ケアの効果

口腔ケアにはその人の生活の質を高める効果があります。

 

単に口の中が清潔になって虫歯や歯周病にかかりにくくなるのではなく、
全身の健康に貢献します。

 

口腔ケアをしている人とそうでない人を比べると、
発熱のリスクに差が出ることが分かっています。

 

定期的に歯医者に行く人はあまり熱が出ません。

 

また誤嚥性肺炎を予防できます。

 

誤嚥性肺炎は食道を通るはずに食べ物が気道に入ったり、
唾液に含まれる細菌が肺に侵入して感染したりして発症します。

 

高齢者は誤嚥性肺炎を発症しやすいですが、
これは寝ている時に唾液を飲んでいるためです。

 

高齢者の死亡原因の上位に誤嚥性肺炎は入っているので注意が必要です。

 

口の中が清潔に保たれていれば、
細菌の侵入を防ぐことができます。

 

また誤嚥を緩和させるケアも含まれるので、
発症率は大きく低下します。

 

歯や噛み合わせの問題も解消するため、
脳への効果も期待できます。

 

歯が20本以上残っている人と、
ほとんど抜けて入れ歯も使えない人では認知症のなりやすさも変わります。

 

歯できちんと食べ物を噛めない人は、
認知症の発症率が1.9倍とされます。

 

歯が抜ける原因でもある歯周病は、
脳に直接悪影響を与えます。

 

しっかり噛むことで脳への刺激を常に送るので、
脳の萎縮を抑制します。

 

歯周病にかかっている人は、
心臓病にならないようにするために口腔ケアが必要です。

 

歯茎や口腔粘膜が傷つくと、
そこから歯周病を引き起こす細菌が侵入します。

 

歯周病菌が血液に取り込まれれば動脈硬化になって、
心筋梗塞や狭心症につながります。

 

これらの病気は命を落とす危険性もあるので、
こまめに口の状態をチェックして歯周病を予防しなければなりません。

 

口腔ケアでは唾液の分泌を促進する効果もあります。

 

唾液の分泌量が減るのは、
食べカスやそれによって繁殖した細菌が広がることで分泌を妨げるためです。

 

口腔内が清潔になれば唾液が増えて、
歯周病や虫歯を防ぎます。口の渇きが原因で口臭がきつい場合も改善されます。

 

口の中には唾液腺という唾液がたくさん出る場所があり、
歯ブラシや指で刺激すると良いです。さらに糖尿病の患者数を減らすことも可能です。

 

中程度の歯周病は糖尿病のリスクを2.1倍、
重度の歯周病は3.1倍に跳ね上がるという研究があります。

 

血液中に含まれる歯周病菌は、
血糖値を安定させるインスリンの働きを阻害するためです。

 

さらに歯周病が悪化して歯茎が炎症を起こすと、
糖尿病の症状も悪化します。

 

口腔内と糖尿病は関係ないと見なされてきましたが、
最近になって歯周病を防ぐことが糖尿病予防につながる可能性があると研究が進められています。

 

口腔ケアで全身の病気を予防することができれば、
総医療費を削減することができます。

 

それは家計を助けるだけでなく、
少子高齢化で莫大な医療費に圧迫されている日本社会を救います。

 

データによっては残っている歯の本数によって医療にかけるお金に違いが出ています。

 

歯が0本〜4本しか残っていない人は平均で年間およそ51万1900円の医療費がかかる一方で、
20本以上残っている人は年間で36万4000円です。差額は17万7300円ですが、
全国民が歯を大切にすることができれば、
国がこれまで医療費に使ってきた予算を他の分野に回すことができ、
より快適な社会を作れます。歯が残っていれば友人や家族と好きなように会話をすることができ、
充実した生活を送ることもできます。

 

臓器に異変があると心配になって病院に行く人は多いですが、
歯周病など口腔トラブルは放置する傾向があります。

 

出費を抑えて健康的な毎日を送るには、
口腔ケアを歯科医院と自宅で定期的に実践して全身の健康につなげることが大切です。

更新履歴