虫歯は進行度合いにより治療法が異なります。

虫歯の進行度合い別の症状

一言で「虫歯」といってもその進行度合い別で、症状や治療法は大きく異なります。定期健診などに行くと医師が「C1、C2」などと言いながらチェックするのを聞かれたことがある方も多いと思います。

 

虫歯のレベルはC0〜C4の5段階に分類されています。C0が一番軽度でC4が重度の状態を表します。
C0というのは歯の表面のエナメル質と呼ばれる部分が少し溶けている状態です。自覚症状はまだありません。この段階であればまだ削らずにフッ素塗布やきちんとしたブラッシングで治る場合があります。

 

 

C1はエナメル質の溶けがやや進み、黒く穴があいた状態です。まだ痛みはありませんが、治療では歯を削る必要があり、レジンというプラスチックを詰めて穴をふさぐことになります。
C2になるとさらに穴が深くなり、エナメル質の下にある象牙質まで進行している状態です。冷たいものが歯にしみるなどの自覚症状が出てくるのもこの頃からになります。C1と同様、虫歯の部分を削り、レジンを詰めて穴をふさぐ治療が行われます。
C3はさらに虫歯が進行し、象牙質の下の歯髄という歯の神経まで達してしまった状態です。かなりズキズキした痛みが出て辛い状態です。ここまで来てしまうと神経を除去して消毒し、クラウンを被せる治療になります。
C4は虫歯の最終段階で、穴というより歯本体が溶けてなくなってしまっている状態です。根の部分しかなく、神経も死んでしまうのでもう痛みも感じません。この場合は残っている根の部分を抜歯し、入れ歯かインプラントを装着します。

 

初期の段階であれば、ほとんど痛みもなく治療することができますので、おかしいなと思ったら早めに診てもらうことが大切です。