口腔ケアでわたしたちの生活をより健康に高める方法

子供の虫歯は早めの対処をしよう

生まれてすぐの赤ん坊には虫歯がありません。甘いものを食べたり、しっかりと歯磨きをせずに食べかすを口の中に残したりすることでミュータンス菌が発生し、その菌が口内の糖分を栄養にして酸をつくり出します。硬くて丈夫な歯ですが酸には弱く、ミュータンス菌がつくり出す酸によって溶けてしまいます。こうして穴が開いてしまうのが虫歯です。

 

 

3歳頃までにミュータンス菌に感染しなければ虫歯になりにくいことが研究によって分かっており、子供の時にいかにミュータンス菌への感染を防ぐかが、虫歯予防のポイントです。そして、子供がミュータンス菌に感染するルートのほとんどが大人から子供への感染であることも分かっています。ミュータンス菌を持っている親が子供にキスをしたり、親が使ったお箸やスプーンでそのまま食べ物を与えたりすることで感染します。キスや口移しは子への愛情からでしょうが、本当に子のことを思うなら、こうした行動を避けるべきです。

 

 

このような仕組みですから、虫歯を防ぐには、大人から子供へとミュータンス菌を感染させないことが一番であることが分かります。しかし、もしも感染してしまったとしても、ミュータンス菌の栄養となる糖分が口内になければ、虫歯になることはありません。つまり、甘いものを避けることや、食後の歯磨きも、予防には欠かせないことになります。

 

 

歯磨きは習慣化すればどうということもありませんが、子供の頃から習慣付けなければ、すぐにサボってしまうようになります。歯が生え始めたら、歯磨きをする習慣をつけてあげましょう。